デスメタル・ブラックメタル専門情報サイト

Jyotiṣavedāṅga デビューアルバム「Thermogravimetry Warp Continuum」リリース

Jyotiṣavedāṅga デビューアルバム「Thermogravimetry Warp Continuum」リリース

多国籍ブラック・デスメタルバンド、Jyotiṣavedāṅga のデビューアルバム「Thermogravimetry Warp Continuum」が発売されました。

Jyotiṣavedāṅga

2016年結成、ロシア出身のメンバーたちによる多国籍ブラック・デスメタルバンドです。2016年にデモ「Cannibal Coronal Mass Ejections」をリリース、当作品がデビューアルバムです。

彼方から届き、空間を揺るがすようなノイズまみれのサウンド。轟音の波と化したボーカル、ドゥーミーなリフを刻むデロデロのRAWギター。空間的なシンセ、ラジオボイスなどを織り交ぜ、独特の宇宙感を漂わせるブラック・デスメタルを演奏しています。

メンバーは3名で、”Sadist(Gt)”は Deathmoor、Alienation Cold、SS-18 などロシアの様々なブラックメタルバンドに在籍しているほか、ソロプロジェクト Misanthropic Art としても1999年から活動しており、現在までに10枚のアルバムと3枚のEPをリリースしてます。

また”AR(Vo)”がドラムプログラミングを行っており、どこかぎこちなさの残る独特のドラミングが、ノイズサウンドの奥で世界観を支えています。

 

アルバム「Thermogravimetry Warp Continuum」

全6トラック、収録時間28分。デモ音源から2年ぶりとなるデビューアルバムです。アメリカの Larval Productions からのリリース。

バンド名は天文学と占星術に関する、インドの初期文献「Vedāṅga Jyotiṣa」から付けられており、当作品もオカルト・宇宙がテーマとなっています。

デジタルアルバムのほか12インチLPレコードが発売されます。

▼LPレコード($15)

メンバーラインナップ

Sadist:ギター
H.:シンセ・ノイズ・エフェクト
AR:ボーカル

 

トラックリスト

6曲 28分

1.Distress Signal: Source Unknown
2.Quantum Integers Systematic Deduction
3.Bilateral Indexing Theory
4.Protocol Hyper Sterilization on Initialize
5.Vector Photon Gammaburst
6.Imploding Linear Fusion Propulsion System

 

購入はこちら

Larval Productions:Bandcamp

 

関連リンク

Jyotiṣavedāṅga:Facebook

ニューリリースカテゴリの最新記事